内科について

風邪や胃腸炎から、専門的な代謝疾患、花粉症治療や予防接種まで、患者様の健康を、プライマリーケア(初期治療)の観点からトータルサポートいたします。

内科について

一般内科という言葉をご存知でしょうか。

現代の総合病院においては、「循環器内科」や「消化器内科」など、専門分野が細かく細分化されています。
そのため
「自分の症状では、何科を受診すればよいのだろう」
「どこの診療科を受診すればよいか分からない…」

と、困っていらっしゃる患者様が増えています。
一般内科とは、診療科の枠にとらわれず、患者様の全身を診る内科です。

当院の内科は、内科全般を診療する一般内科として、患者様の症状から適切な診断と治療を行い、長期的に患者様の健康をサポート管理いたします。
さらなる専門的な検査や治療が必要と判断された患者様には、しかるべき専門病院へと、責任をもって紹介いたします。

風邪や腹痛、頭痛などの日常よくある症状はもちろん、「肩が痛いが、頭も痛い。整形外科と神経内科、どちらの科を受診すればよいのか分からない」などの、「どこの診療科を受診してよいか分からない」症状もお気軽にご相談ください。

たとえばこんなとき

  • 風邪をひいてしまった(発熱、咳、鼻水、のどの痛み)
  • 健康診断で、生活習慣病(糖尿病、高血圧、高脂血症など)の疑いがあると言われた
  • 体のだるさ、朝の起きづらさが続いている
  • 排尿痛、残尿感がある
  • 下痢や便秘、吐き気、嘔吐などの消化器症状がある
  • 夜眠れない
  • 時折、胸が痛むことがある、動悸がする
  • 食べているのに、なぜか体重が減っていく
  • くしゃみや鼻水が止まらない、目がかゆい
  • 肩や腰、膝が痛い など

大きな病院に行くことがためらわれる些細な症状もお気軽にご相談ください。

これらの症状は、思わぬ重大な病気のサインであることがあります。
「大した病気じゃない」と自己判断したり、合わない市販薬に頼って我慢したりせず、まずは当院にご相談ください。

身近なかかりつけ医として

かかりつけ医として、どんな些細なことでも気兼ねなく相談していただけるよう、患者様の悩みに寄り添う診療を心がけています。

主に次のような症状や病気に対して適切な診療を行います。

風邪

風邪の症状には、発熱、のどの痛み、鼻水、咳、関節の痛み、寒気など様々なものがあります。
また、嘔吐や下痢を伴う「胃腸風邪」と呼ばれるものもあります。
その90%はウイルス感染が原因ですが、一部に細菌感染による風邪やアレルギーを原因とする風邪もあります。
きちんと診察を受け、原因と症状に合った治療を行うことで、風邪を長引かせずに治すことができます。

風邪の症状は、他の様々な病気(急性の肝炎や腎炎、悪性疾患、自己免疫疾患など)の、初期症状としてあらわれることもあります。

また、「風邪は万病のもと」と言われるように、適切な加療をせずに放置してしまうと、気管支炎や肺炎、副鼻腔炎や気管支喘息など、重篤な合併症を引き起こすことがあります。
「たかが風邪」と侮らずに、早めに当院にご相談ください。

生活習慣病

生活習慣病

生活習慣病とは、不規則な食生活や飲酒・喫煙の習慣、運動不足、ストレスなどの生活習慣が原因によって引き起こされる病気の総称です。
中年期によく発症することから、かつては「成人病」と言われていた時代もありましたが、現在は食生活の欧米化などにより、若年で発症する方も多くいらっしゃいます。

高血圧や糖尿病、脂質異常症がよく知られていますが、これらの疾患は、進行するまでほとんど自覚症状がありません。
しかし、適切な治療をせずに放っておくと、脳出血や脳梗塞などの脳血管疾患や心筋梗塞や狭心症などの心疾患などの、ときに命に関わる怖い病気を引き起こすことがあります。
これといった自覚症状が無く、徐々に進行し、知らないうちに命に関わる症状を引き起こすことから生活習慣病は「 サイレントキラー(静かなる殺人者)」と呼ばれることもあります。

※生活習慣病について詳しくはこちら

花粉症

花粉症

花粉症とは、スギやヒノキなどの花粉が原因となって、くしゃみや鼻水、目のかゆみや充血といったアレルギー症状を引き起こす病気です。日本人の約25%は花粉症と言われています。

アレルゲンである花粉の飛ぶ季節のみに症状が現れるものを季節性アレルギー鼻炎と呼ぶのに対し、ハウスダストやダニ、ペットの毛などをアレルゲンとし、一年中症状の起こるものを、通年性アレルギー性鼻炎と呼びます。

花粉症は、ご自身の判断で市販薬を内服される方が多いですが、花粉症の症状やその重症度は、人によって様々であり、薬の効果には個人差があります。また、アレルゲンも人によって違います。

当院では、各種アレルゲン検査を行い、患者様に合った治療を提供しています。

全身倦怠感(疲れやすい、だるい)

全身倦怠感(疲れやすい、だるい)は、あなどってはいけない症状です。倦怠感は、「これ以上活動したら危ないから、休みなさい」という、体からの警告です。

単純な肉体的疲労の他に、身体的な疾患によるもの、精神的な疾患によるものがありますが、両者が混在しているケースもよく見られます。

主な原因
  • 感染症や自己免疫疾患による慢性的な炎症
  • 貧血や肺疾患、心疾患などによる、低酸素状態
  • 更年期障害などのホルモンの乱れによるもの
  • うつ病や不安障害
  • 睡眠時無呼吸症候群などの睡眠障害

休息によって改善する倦怠感ならばよいですが、改善しない倦怠感は、上記のような病気が原因の可能性があります。病気が原因の場合、もととなる病気を治療しないと、倦怠感は改善しません。倦怠感が続いていて、休息しても治らない際は、当院にお越しください。

医院概要

新橋の内科・泌尿器科新橋日比谷通りクリニック

住所
〒105-0004
東京都港区新橋2-12-16 明和ビル3F
最寄駅
JR「新橋駅」日比谷口より徒歩4分
銀座線「新橋駅」出口8より徒歩4分
三田線「内幸町駅」出口A1より徒歩1分
銀座線「虎ノ門駅」出口1より徒歩7分
電話
03-3595-4976 (ヨクナロー)
※当院は予約制ではございません
診療時間
日祝
10:00~14:00 -
16:00~20:00 -

休診日:日曜・祝日
※最終受付は、診療時間終了の15分前となります。

上部に戻る